>

虫歯が増える要素をきちんと知る事で改善されます

何故虫歯になるのか?根本的な原因

鏡を見ていると黒い部分を発見、もしかしたら虫歯になっているかもしれません。
子どもの頃から虫歯に悩まされている人も少なくありません。

いつも、綺麗に磨いているつもりでも本当は磨けていないのか悩みます。
虫歯の治療の多い人は改めて口の中の環境について考えてみましょう。

そもそも、虫歯になる原因とは一体何なのでしょうか。
虫歯菌はミュータンス菌と呼ばれています。
ミュータンス菌は糖分が大好きで、糖と一緒になると酸と言う成分を作り出します。

酸は口の中の環境にはとても悪影響で歯をボロボロにしてしまいます。
歯の汚れを放置しておくと歯こうと言う汚れの塊が出来ます。
歯こうは歯の隙間にもはいりこみ歯ブラシが届かない場所に残ると菌が発生していきます。

磨き汚れをそのままにしておくと、口の中に多くの細菌が生まれ不衛生な環境が出来上がるのです。
虫歯に一度なると菌は消えません。注意しなくてはいけません。

悪い生活習慣が虫歯になりやすくします

虫歯菌はとてもしつこく、治療しても何回でもなります。
どうしてこの前、治したのにまたなるのか疑問に感じるぐらいです。

毎回、虫歯になりやすい人は生活習慣が原因かもしれません。
虫歯になりやすい生活習慣について調べてみましょう。

まず、歯磨きをしている回数が少ない人は要注意です。
食べ物、飲み物を摂取すると口の中はすぐ汚れてしまうので歯磨きが必要です。
常に菌が発生出来ない環境をつくる心がけが大切です。

虫歯菌が大好きな糖が多く含まれている食べ物を取りすぎると菌は増殖します。
甘いものを控える生活にきりかえる様にしましょう。

歯磨きをしていても、磨き残しや歯並びの関係で磨けない箇所がある人はなるべく健康な時から歯医者で検診などに通う事がおすすめです。

また、ストレスや睡眠不足でも唾液の量が減り口の中の環境を悪くする傾向にあります。
生活習慣の見直しやリフレッシュ方法を学ぶと改善されそうです。


この記事をシェアする