>

どんな感じで虫歯は進行していくのか

虫歯になると完治は難しいのか

子どもの頃から虫歯になったことのある人は、大人になってもなっている人が多いです。
もしかして虫歯は完治しないのではと思ってしまいます。

虫歯になりやすい生活を繰り返していると、やはり完治は難しいです。
ですが、きちんと口の中の環境に気をつけていると虫歯が増える事はありません。

それを完治とも言えるのかもしれませんが、一度虫歯になった経験のある人は警戒が必要です。
完治と言うよりも黄色信号と言ったところでしょうか。

歯医者でも治療が完了したと言うだけで、完治しましたとは言われません。
半年に一回は検診にくるようにしましょうと言われます。

治療を完了したから少しは安心かもしれませんが、虫歯になる癖がある人はなりやすい所に注意して歯を磨きましょう。

何度もなる人は唾液検査をして自分の口の中の環境がどのようになっているのかを知っておくと良いかもしれません。

痛くない虫歯と痛い虫歯の違い

歯が痛いと感じた時には虫歯を一番に疑います。
その痛みが本当に虫歯なのか、まず確認が必要です。

何故、強い痛みを伴う虫歯もあるのに全く痛くない虫歯もあるのか確認しておきましょう。

痛みがある場合は、歯の神経にまで菌が到達してしまった事になります。
神経は外部にむき出しになっている状態なので食べ物等、刺激で痛みを感じる様になります。

ここまで進行する前に、気づいて歯医者に行けていたら良いのですが痛みのある虫歯は目立たない所になりやすいので発見が送れます。

痛みのない虫歯の場合は、まだ神経には届いていない状態です。
一応は浅い虫歯とも言えますが、ゆっくり確実に進行していくのが虫歯なので放置しておくとあっという間に神経に届いてしまいます注意しましょう。

痛くない虫歯と、痛い虫歯の違いは進行度によると思います。
即痛みがある場合は、早急に歯医者に行くことをおすすめします。


この記事をシェアする