>

虫歯にならないで済む方法を知りたい!

歯磨き粉のおかげで虫歯が減っています!

最近、虫歯になる子どもが減っているそうですご存知でしたか。
昔と違い、子どもが使っている歯磨き粉にその答えがあるみたいです。

よく見かけるフッ素配合と書かれている歯磨き粉を皆さんも購入していると思いますが、虫歯になりにくくしているのはフッ素のおかげなのです。

フッ素が歯磨き粉に配合される意味は、フッ素には歯の表面を守る力があるからです。
現在、虫歯になってしまっているものには効果がありませんが虫歯になっていない歯には効果があります。

子どもの口の中にまだ虫歯菌が発生していないのであればフッ素はとても効果的なのです。
歯磨き粉が進化したおかげで子どもの歯は強く守られています。

虫歯になっている人が多かった時代、何故そこまで広がってしまったのか不思議です。
一節には、虫歯になった人から人へと移ったのではないかとも言われています。
虫歯になると本当に辛いので、今の子ども達の歯は守ってあげたいです。

清潔な歯を保つ為には努力が必要

綺麗で清潔な口の中を保つにはどうすればいいのでしょうか。
虫歯菌が好きな糖を減らそうとしても、我慢するのはなかなか難しいものです。
しかし、清潔な歯を守る為には努力が必要なのです。

時間をかけて歯を磨けば虫歯にならないのではと思っていませんか。
実は、そんな事はありません。
勿論、時間をかけて磨く事もとても大切なことなのですが何よりも重要なのは磨き方なのです。

虫歯になりやすい部分は意外にも、歯の隙間です。
歯ブラシが届いている様で案外届いてないのです。

歯の隙間に残った汚れは、寝ている間などに繁殖して歯をダメにしてしまいます。
このことに気づかないで何年も過ごしていると、あっと言う間に虫歯は広がっていきます。

歯の健康を守る為、歯の隙間の汚れや奥歯に残る汚れ、口の中の隅々まで時間をかけて丁寧に綺麗にしていきます。
虫歯にならない歯を保つ為には、正しい知識を得なくてはいけません。


この記事をシェアする